初めての出会いは路上ライブだった

私は高校の時にゆずを知ってからかれこれ17年間ファンです。
初めて彼らを知ったのは深夜のラジオでした。
そこで「なにもない」という曲を聴いて衝撃と感動を受け一気にのめり込んで行ったのでした。

 

ちょうど大学受験も推薦入試で受かり、他の人より早めにヒマになったのもあり、ゆずに費やす時間がたくさんあったのも理由かもしれません。
まだそんなにメディアには出てはいなく、CDもインディーズアルバムだけでしたので大型のCDショップにすら置いてなく、取り寄せしてもらうくらいでした。
そしてラジオを聴いていくうちに横浜で週に1回路上ライブをやっていることを知ったのです。

 

そのときはもう結構な知名度でメジャーデビュー寸前でした。
これはメジャーに行ったらもう路上ではやらないかもしれないという焦りから、親にうそをつき片道2時間かかる横浜まで友人と路上ライブを見に行きました。
ライブをやっている商店街へ着くと3時間前だというのにすでに同じようなファンがたくさんゆずを待っていました。

 

でもみんな商店街の人に迷惑がかからないように遠慮しながら。
初めての場でしたが、なんとなくそんな雰囲気にならってお行儀良く待っていたのを覚えています。
そしていよいよゆずが来るという30分前、ファンが一斉にその場所へかけより座りこみました。

 

それから11時、どこからともなくゆずが現れ、黄色い歓声に物怖じせず、でもフレンドリーにギターを準備し始め、「いつものように」という雰囲気で演奏がスタートしました。
初めて生で聴いた歌はやはり感動でした。
親にこんな大きなうそをつくのは初めてだったけど、その価値がありました。

 

気がつけば友人も私も感動で泣いてました。
だって目の前1メートルの距離に彼らがいるんですから。
それから翌々週にゆずの路上ライブは幕を閉じました。
だので路上ライブ体験もそれっきりでしたが、機会を逃さずいけて本当にいい思い出です。
ピアノ 買取

 

 

 

更新履歴